【AWS】EC2のサーバに一発でログインするTeraTermマクロ | 瀬戸内の雲のように

【AWS】EC2のサーバに一発でログインするTeraTermマクロ

Posted: 2018-04-12


スポンサーリンク

目次

背景

クラウドサービス全盛の昨今、AWS(AmazonWebServices)を使う方も増えているのではないでしょうか。

私も2年前くらいから使うようになっていますが、本当に便利です。物理マシンを使っていた時代では考えられないほど早く環境構築ができ、作業の効率は大きく向上したと思います。

 

ログインの手間

さて、そんなAWSですが、使う時のリスクとしてセキュリティが挙げられるかと思います。

AWSはインターネット上にあるため、全世界に対してSSHのポートを開放している状態になります。(セキュリティグループである程度限定はできますが。)

このような状況でもセキュリティを担保するため、EC2(Amazon Linux等)ではデフォルトで鍵認証が有効になっていますが、TeraTermを使ってログインするときに、ちょっと手間が増えてしまうのが個人的に難点だと思っています。

解決方法

ということで考えたのがTeraTermマクロを使う方法です。

 

TeraTermマクロとは?

そのままですが、TeraTermに付属するマクロの機能です。これを駆使すれば複数台のサーバに自動ログインしたり、コマンドの実行結果を自動的にダウンロードしたりと色々なことができるようになります。

今回はデスクトップ上にTeraTermマクロのファイルを作り、ダブルクリックでEC2に自動ログインする方法を説明します。

 

早速ソースコード

ということで、早速ですがソースコードです

;; EC2_login.ttl
;;
;; 鍵認証のサーバに対して簡単にログインするためのTeraTermマクロ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

;; ログインするサーバのIPアドレス
SERVER = "11.22.33.44:22"

;; ログインユーザ名
USERNAME = "ec2-user"

;; 鍵が置かれているパス
KEY_PATH = "c:\Users\Muraken\ec2.pem"

;; その他の
OPTIONS1 = ' /ssh /2 /user=' 
OPTIONS2 = ' /auth=publickey /keyfile='

;; 文字列の結合
strconcat SERVER OPTIONS1
strconcat SERVER USERNAME
strconcat SERVER OPTIONS2
strconcat SERVER KEY_PATH

connect SERVER
unlink

変数として、SERVER, USERNAME, KEY_PATH を書き換えて使ってください。

こういうわずかな手間の削減が大事だと信じてがんばります。。!


スポンサーリンク




コメント一覧

2018/09/17 01:12:00

Smithb651さん

Thanks so much for sharing all with the awesome info! I am looking forward to checking out far more posts! gggcgbaeeeagbcdc


2018/09/17 11:14:37

Authorさん

Smithb651
Thank you for your comment, I was encouraged!


2018/12/08 14:41:19

XEvilBestpalさん

Can somebody give me working XEvil captcha solver???
This is best captchas solver, including Google ReCaptcha.

Im so need it for my marketplace!
Already found key for XEvil:
3O1AllSstu5ZyPriRw_pal

But dont understand, how to use it.
Thank for everybody, and sorry for my english!

PM me if you know anything, I can pay.



コメントを投稿する


お名前


コメント内容





TOP back