Windows10でvim(gvim)のインストール&設定 | 瀬戸内の雲のように

Windows10でvim(gvim)のインストール&設定

Posted: 2018-03-14


スポンサーリンク

目次

背景

最近会社のパソコンが新しくなりwindows10デビューしました。そこで色々なアプリケーションをインストールしています。

そこでちょっと問題になったのがエディタです。もともとはサクラエディタを使っていたのですが、なんでもwindows10には正式対応してない模様。(使えることは使えるらしいですが。)

ということで、この際windowsで使うエディタもvimにしちゃおうということでwindows10のインストール&設定を行いました。

関連記事: 【gvim】ショートカットキーやマウスでコピー&ペーストできるようにするキーバインドの設定
 

gvimとは

windows対応で普通のエディタのようにデスクトップアプリケーションになっているvimです。
こんな感じで使えます。

 

インストール

下記のページからダウンロードし、インストールします。
Vim - KaoriYa

下記のように画面中段を「Windows 64bit版 ダウンロード」クリックすればダウンロードされます。

次にダウンロードされたファイルをダブルクリックし、zipを解凍します。

すると同じフォルダに解凍されたフォルダ(たぶんvim80-kaoriya-win64みたいなフォルダ名)ができるはずなので、まるごと以下のフォルダに移します。

C:\Program Files (x86)\

次に、そのフォルダ(C:\Program Files (x86)\vim80-kaoriya-win64 になっているはず)の中にある、 gvim.exe というファイルをコピーし、デスクトップ上で右クリックし、「ショートカットの貼付け」をクリックします。

これでインストールとショートカットの作成が完了です。ショートカットをダブルクリックすれば上の画像のようにgvimが起動するかと思います。

 

設定

次にgvimの設定を行います。

先程のフォルダにある gvimrc というファイルを開き、末尾に以下の内容を追記します。

" 他のアプリケーションとコピー&ペーストできるようになるオプション
:set clipboard+=unnamed
" 現在のカーソル位置にアンダーラインが表示されるオプション
:set cursorline
highlight CursorLine cterm=underline ctermfg=NONE ctermbg=NONE
highlight CursorLine gui=underline guifg=NONE guibg=NONE
" 左端に行番号が表示されるオプション"
:set number

" ファイル名.~ とか余計なファイルを作らないオプション"
:set noundofile
:set noswapfile
:set nobackup

" 印刷オプション: 行番号の表示ONとシンタックスハイライトのOFF
:set printoptions=number:y,syntax:n

" 印刷フォントの設定
:set printfont=MS_Gothic:h10

" 表示フォントの設定
:set guifont=MS_Gothic:h10

" フォルダの移動( :w で新規保存した時、デスクトップ上に作る設定)
:cd c:\Users\自分のユーザ名\Desktop\

以上となります。
これであなたも快適なvimライフを!


スポンサーリンク




コメント一覧


コメントを投稿する


お名前


コメント内容





TOP back